アトピーを改善するためにはビタミンが効果的

サプリメント

かゆみ、湿疹を抑えるには

錠剤

先進国病とも言われている

日本でアトピーに悩んでいる方は年々多くなってきています。平成17年で384万人に達していて、現在では人口の10%から20%の方が発症しています。原因は、アトピー体質を持っている方が発症し、遺伝や生活習慣の影響なども受けています。また、先進国の方が多いとも言われ、理由は規則正しい生活をしていなかったり運動をしていない事があげられます。夜遅くまで起きている事や移動手段があふれているので歩く事が少なくなった事が原因です。アトピーの主な症状は強いかゆみや湿疹です。また酷くなると化膿したり、かさぶたができてしまったりと改善が遅れてしまう事もあります。大人になって発症する場合もありますが、乳幼児期に始まり思春期には自然と軽くなる方が多いと言われています。しかし、中には症状が良くならず、大人になっても症状が続いている方もいます。アトピーは急に治る病気ではなく、続けて治療する事で改善に繋がります。

強いかゆみを和らげる方法

かゆみが強く我慢できない時、どうしても体を掻きたくなりますが掻いてしまうと改善どころか、かえって悪化してしまう場合があります。急なかゆみの場合は、保冷剤などでかゆみがある部分を冷やす事、入浴する時はぬるめにするなど、なるべく体に刺激を受けない温度が大切です。また、乾燥も原因の一つなので保湿をするように心がけましょう。普段の生活でアトピーを改善する方法は、食生活を変える事があげられます。具体的に、アレルギーを起こしやすい食品を避ける事、和食をなるべく食べる事です。魚介類やそばなどヒスタミンを多く含む食べ物はできるだけ生で食べないようにしたり、かゆみや湿疹が出たらしばらく控えるようにしましょう。また、逆にアトピーに良い食品もあります。例えば、乳酸菌を含んだヨーグルトやチーズなどは、腸内環境を改善しアレルギーを抑制することがわかっています。他にも魚や野菜などヘルシーな食材がアトピー防止には効果的なので、食事の献立を考える際には頭に入れておくと良いです。